高齢者

コラーゲンを含んでいる食品

ハリの失われたお肌がぷるぷるになるイメージがあるコラーゲン。
最近では鍋にコラーゲンボールを入れたりすることまで流行りました。
実際、この成分にはみずみずしさを取り戻せる保水効果があり、そのものを摂っても新たな合成には役立たないにしても、美肌に効果を期待できることはわかっているため、できれば食品からも摂りたいと女性たちは思うでしょう。
そこで、どういった食品にコラーゲンが含まれるのか、どういった食品を摂ったらいいのかを見てみたいと思います。

コラーゲンには、動物の皮や骨などから取れるアニマルコラーゲンと、魚の皮や鱗などから取れるマリンコラーゲンというものがあります。
まず、動物のほうからいくと、いわゆるゼラチン質のものを思い浮かべてみると大体がそうなります。
というのも、ゼラチンとはコラーゲンを加熱して抽出したもので、それ自体に豊富に含まれているからです。
代表的なものでいえば、豚足や牛筋、鳥の手羽先などがあります。
豚骨ラーメンなんかも食べやすくていいですね。

次に、マリンのほうだと、イワシ、さんま、アジ、カレイなどのお魚、これは特に煮付けにすると摂りやすいようです。
他には、シジミ汁、フカヒレ、すっぽんhttp://www.tameiki.jp/koukawosirou.html、うなぎといったものもあります。
料理で言うと、魚を煮詰めて作る煮こごりにはかなり豊富にコラーゲンが含まれます。
こういった食品を通して体内にコラーゲンを摂取することで、アミノ酸に分解されやすくなるということがいえます。

さらに、新しく合成するために必要なビタミンCが豊富な野菜、特にブロッコリーやキャベツ、ほうれん草や、じゃがいも、果物を上記食材と一緒に摂るとさらに効果を期待できるかもしれません。
また、イソフラボンが豊富な大豆が含まれる豆腐や豆乳、カルシウム豊富な牛乳、コエンザイムが含まれる青魚や牛肉やナッツといった食材も、それぞれコラーゲの生成や分解を助ける働きがあるため一緒に摂ったほうがいいとされています。
反対にコラーゲンと相性が悪い食品もあるようなので、油分多めの食品と摂るのは控えたほうが良いでしょう。



Copyright(C) 2013 肌に優しい成分 All Rights Reserved.