高齢者

コラーゲンとプラセンタの相乗摂取

美容意識の高い人なら聞いたことがあるでしょうが、コラーゲンとともに美容効果が高いといわれる成分のひとつに、プラセンタというものがあります。
このプラセンタ、いったいどんなもので、コラーゲンと一緒に摂るといったいどうなるのでしょうか。

まずは、プラセンタの正体ですが、胎児が成長する胎盤から栄養成分だけを抽出してできたものです。
アミノ酸、たんぱく質、核酸、糖質、ビタミンなどといったあらゆる栄養素が含まれていて、分解、吸収されてしまってもその栄養素だけ吸収できればそれでいいでしょう。
つまり、プラセンタそのものとして吸収されなくても大丈夫だということです。

働きとしては、細胞の活性化、血行促進、代謝促進などがあり、綿維芽細胞が含まれているため、更なるコラーゲンの合成についても働きかけます。
プラセンタを摂取すると、コラーゲンも増える可能性があるということです。
新陳代謝が年齢とともに衰え、コラーゲンは減少する一方ですが、プラセンタは減少することもなく、常にあり続けます。
そして、細胞の活性化をするということは、コラーゲンを生成する過程も助けるということなのです。
つまり、この二つを同時に摂る事は、プラスの効果はあってもマイナスの効果はないといえます。

コラーゲンについては、言われるほど美容への貢献は少なく、プラセンタの方が美容効果に高い期待ができます。
反対に、コラーゲンの働きは健康維持に効果が大きく現れるということがいえます。
プラセンタには、医療においてもきちんと証明された効能があり、パーフェクト臓器としてその豊富な栄養素と働きの多さ、貢献度に注目されているものなのですが、ここでも注目されているのが美容効果なのです。
肌トラブルの改善、アンチエイジング効果など、直接的な効果を期待できるものとして人気を集めています。
こういったことにより、この二つを同時に摂るということは、美容と健康の両方の維持を期待できるということなのです。


Copyright(C) 2013 肌に優しい成分 All Rights Reserved.