高齢者

コラーゲンとエラスチンの関連性

20代を境にどんどん衰えていく肌の組織。
特に肌のハリである弾力が衰え、シワやたるみが現れると、女性は本当に焦ります。
そして、美肌に効果があるという文句のものには財布の紐もゆるくなってついつい試したくなるのも実情です。
実際、効果がありとされるコラーゲンが配合されたサプリメントなどは飛ぶように売れていますし、ドリンクなども人気です。

しかし、最近わかったことには、肌のハリに関わっているのはコラーゲンだけでないということなのです。
たんぱく質の一種であるコラーゲンですが、実はこれを束ねて弾力性を出しているのは、真皮の中にたった2%しか存在しないエラスチンというたんぱく質の働きだったのです。

どれでは、エラスチンとはどういったものなのでしょうか。
まず、その正体は、先に述べたようにたんぱく質なのですが、それもゴムのように伸縮性を持った弾力組織であるということがわかっているのです。
この性質とコラーゲンが結びついて、初めて肌にハリが生まれるということです。
つまり、このエラスチンが不足すると、コラーゲンを支えて束ねるものがなくなり、結果的にハリや弾力がなくなり、シワやたるみができていくということなのです。
そして、これらの弱点が紫外線です。
紫外線は、これらのたんぱく質を変性させ、弾力性を失わせます。

このように、コラーゲンとエラスチンにはお互いに欠かせない関係となっており、どちらかが不足しても肌だけでなく骨などの様々な場所に影響を与えるのです。
そして、20代から確実にどんどんと減少していくのがコラーゲンとエラスチンです。
そのため、サプリメントなどで補給しようとする人も多いのですが、そのものを体内に吸収することはできず、アミノ酸に分解されてしまい、他で使われる可能性も高いのがこの二つなのです。
単純に牛肉を食べたからといって牛のような体になることがないように、ヒトの体は複雑に絡み合ってできていて、コラーゲンやエラスチンを摂ったからといってそのものになるということはほぼないと言っていいでしょう。


Copyright(C) 2013 肌に優しい成分 All Rights Reserved.