高齢者

コラーゲンの美肌作用に関して

よくコラーゲンが美肌に効くというのは間違いだという情報が耳に入ります。
しかし、いまだにコラーゲンと名の付く商品は人気でランキング上位に上がっており、美容効果を宣伝するものもたくさんあります。
間違いなのであればこんなにも販売が継続することはないですよね。
これは、そもそもの認識の間違いなのです。

実は、化粧水に関していえば、肌の表面からコラーゲンをつけたところ、浸透して真皮に行き着くことはないので、コラーゲンを直接増やすことには繋がりません。
というのも、浸透力がないばかりか、表皮はこういった成分を通す構造ではないからです。
この場合、美肌作用としては、保湿力を高めるように働いているのです。
抜群の保湿力を持ち、保水力のあるヒアルロン酸が加わって、化粧水として肌に潤いを与えるという働きをしてくれるのです。

それでは、食品の場合やサプリメントの場合はどうでしょうか。
コラーゲンを外から入れたところで、アミノ酸に分解されて吸収されるためにコラーゲンを増やすことにはなりません。
しかし、美肌を作るためにケアすべき真皮にコラーゲンを増やすには、しっかりと栄養を届ける必要があり、特に必要なのがたんぱく質です。
つまり、良質なたんぱく質としてコラーゲンを摂るということは真皮でコラーゲンを増やすことに繋がるのです。
この認識の違いなのです。
全くもって無意味なことなのではなく、直接の起因として存在しているわけではないということをきちんと認識すべきなのです。

この成分そのものが美肌作用を持つということにも間違いはありません。
真皮に存在し、独自の弾力性でハリを保ち、シワやたるみから守ります。
しかし、加齢とともに新陳代謝が低下することから、古いものが蓄積し、新しいものが作られなくなってしまうことから、肌の老化に繋がるのです。
つまり、この成分の減少を食い止めることがアンチエイジングになり、ハリや弾力のある美しい肌を保つことになるのです。


Copyright(C) 2013 肌に優しい成分 All Rights Reserved.