高齢者

コラーゲンの美肌効果以外の効果

サプリメントや広告で宣伝されているコラーゲンのイメージは、お肌のスキンケア目的で美肌効果を期待できるといったものがほとんどです。
実際、そういった目的で摂取している人は非常に多く、最近ではアンチエイジング全般の中の一部として肌の改善を求めて手に入れるといった状況が多いのです。
外から摂取することにどれほどの美肌効果があるのかは疑わしいのですが、少なくともコラーゲンそのものの働きとしては美肌作用があるのは確かです。

しかし、コラーゲンはそれだけではありません。
分布している割合からいって、肌を構成する皮膚の真皮に70%存在しているということから、美肌作用だけが取り上げられているようなのですが、そもそもコラーゲンとは体を構成する重要な五大栄養素のひとつであるたんぱく質です。
そして、皮膚以外にもたくさんの組織に存在しているものなので、その働きも様々なのです。

まず、最近わりと注目されるようになってきたのが、骨との関わりです。
骨はカルシウムでできていますが、この定着を助けているのがコラーゲンです。
さらに、骨と骨とを繋ぐのが軟骨や関節ですが、これらについてもコラーゲンが存在し、弾力性から動きのしなやかな柔軟性を可能にする働きをしています。
つまり、丈夫で柔らかい骨を作ることができるのが、コラーゲンのおかげなのです。
そのため、これが減少すると骨粗しょう症といった病気になる恐れがでてくるのです。

また、目の角膜などにも存在するコラーゲンが、近年では再生医療の現場でも利用されているということもあります。
もともとからだの中にあるものなので、拒絶反応がないということから安心して人口皮膚や人口角膜などといったその組織の働きを助ける治療に利用されており、むしろ、コラーゲンはパーフェクトなバイオマテリアルであるとさえ言われているのです。
美肌効果以上にこのような画期的な働きが注目されていることを知っておくべきでしょう。

Copyright(C) 2013 肌に優しい成分 All Rights Reserved.