高齢者

コラーゲンと相性の悪い食材に関して

お肌ぷるぷるを目指し、アンチエイジングのためにたくさんのコラーゲンを摂っているのに、その効果を最大限発揮できなければ意味がありません。
できれば、最大限有効活用し、美肌を手に入れたいですよね。
コラーゲンには、一緒に摂ると好ましくない相性の大変悪い食材というものがあるので、注意しましょう。

それは、コラーゲンがたんぱく質であることに由来します。
たんぱく質の性質として、もっとも避けたいのが、「糖化」と呼ばれる変性です。
これは、体の中に糖分を過剰に取り込みすぎると、それとたんぱく質が結びつく現象で、一気にその劣化を進ませます。
つまり、劣化したたんぱく質がどんどん体内に蓄積していき、肌はもちろん体の他の部分についても老化を進ませます。
糖分の含まれる食材といえば、砂糖はもちろん、糖分の多いジュースやお菓子の他にも、米や小麦、果物なども取りすぎに気をつけたい糖分を含む食材です。
糖分の摂りすぎは、このような糖化以外にも、糖尿病など大変重大な病気へと発展する可能性もあるうえ、ダイエットには大敵です。
基本的に美容を考えるのであれば、摂りすぎに注意をしましょう。

さらに、コラーゲンの質を保つためには、油分の取りすぎにも注意が必要です。
油分が多い食材を摂ると、高い脂肪質によって善玉のホルモンが減ってしまいます。
そうすると、コラーゲンを作ることを邪魔してしまうのです。
必要に応じてしか作られず、加齢とともに生成速度が落ちるコラーゲンの生成をさらに妨げるなどという状況は、できれば避けたいものです。
揚げ物や脂の多いお肉、レトルト食品や出来合いなどを食べる機会が多い人は、注意が必要です。
できるだけ、野菜中心で自分で作って食べる食事を心がけましょう。

逆に、コラーゲンと一緒に摂ったほうがいい食材としては、ビタミンCが豊富に含まれる緑黄色野菜などが挙げられます。
ビタミンCは、コラーゲンの生成の際に重要な役割を果たすなくてはならない存在だからです。

Copyright(C) 2013 肌に優しい成分 All Rights Reserved.